会社にバレる事が少ないサラリーマンの副業

サラリーマンは会社から副業が禁止されている事が多いものです。本業である会社の仕事に集中してもらいたいために、副業を禁止しているケースが多いのです。そんなサラリーマンでも、会社の本業に影響しない程度の労力で、小遣い稼ぎ程度の副業をしたいと考える事は、給料が中々上がらない昨今の状況では当然かもしれません。従って、会社にバレる事のないサラリーマンの副業として良いものがあれば、ぜひやってみたいと言う人が多いものです。そんな方々には、やはりネットを活用した副業がお勧めです。

ネットを活用した副業でも、資金も必要とせず、損する事もなく、掛けた労力だけ単価は安くても稼げ、その上本業に支障をきたさないようにノルマもなく、好きな時に好きなだけの仕事ができる事が理想でしょう。そんなサラリーマンの副業として最適なネットを活用した仕事に、クラウドソーシングでの文章作成の仕事があります。これは、クラウドソーシングでタスクと言われている仕事で、パソコンとネット環境があり、キータッチのスピードがそこそこで、話題が豊富で文章作成が苦痛でないホワイトカラーのサラリーマンなどにとっては格好の副業です。自由度が高いだけに、単価は安く、それでも帰宅後や休日にコツコツと作業すれば、月に2~3万円稼ぐ事はそんなに難しい事ではありません。大きく稼ごうとすると、どうしても副業に多くの意識を割く必要があり、これでは会社にバレなくても、本業がなおざりになりかねず、サラリーマンの副業としてはお勧めできません。

現在では、月に2~3万円程度の稼ぎなら、会社に知られる事もなく、本来は雑所得として申告すべきですが、それをしなくても税務署から目を付けられる可能性も少ないでしょう。ただ、マイナンバー制が導入され、クラウドソーシングの会社が、支払先にマイナンバーを記載して税務署に報告する事が求められるようになれば、税務署に副業収入が完全に把握され、税務上は確定申告すれば済みますが、その副業分の収入に対する住民税が本業の会社に報告され、合算して給料から天引きされる事で知られてしまう事になります。ただし、これにも住民税を給料天引きではなく自分で支払う方式に変更する事で知られずに済む事も可能です。この詳細は紙面の都合で記載できませんが、それなりの対処をすれば知られる確率が低くて済みます。

いずれにしても、本業に影響しない範囲の副業がサラリーマンの副業としては最適で、ネットを活用したクラウドソーシングでの文章作成の仕事が最適と言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ